バンコクで「訪日旅行フェア」開催迫る-地方の魅力もPR

前回のフェアの様子

前回のフェアの様子

  •  
  •  

 市内の商業施設「セントラルプラザ・グランドラマ9」(地下鉄MRTラマ9駅前)で7月18日~21日、個人旅行者(F.I.T.)を対象とした訪日旅行フェア「Visit Japan F.I.T. Travel Fair(ビジットジャパン個人旅行フェア)2013」が開催される。主催は日本政府観光局(JNTO)バンコク事務所。

 日本政府は今月1日から、観光や親族訪問、商談などを目的とした15日以内の訪日タイ人を対象にビザを免除する措置を行っており現在、タイではこれまで以上に訪日旅行への関心が高まっている。

[広告]

 こうした状況下に開催される同展。 ツアー会社、ホテル、鉄道会社などがブースを出展するほか、地方の観光協会、自治体などと連携して各地のストーリーを強調した訪日旅行の魅力もPR。観光情報の提供だけでなく、割引商品の販売やJRグループ各社の鉄道・路線バスが一定期間、乗り降り自由で利用できる特別企画乗車券「ジャパンレールパス」の販売も行う。JNTO職員による日本の旅行プランについての相談コーナーも設ける。

 このほかすし作りの実践コーナー、日本の民謡、侍ショーなど日本の文化イベントも開催。人気歌手のヌーナーさん、ナムチャーさん、司会でも活躍中の俳優のレイさん、漫画家でコラムニストのチンチンさんなどタイの有名人が出演するミニコンサートやイベントも実施する。ファミリー層を中心に4日間で1万人の来場見込むとしている。

 同バンコク事務所の広報担当レヌカーさんは「訪日旅行に興味のある方々(タイ人)にとっては、旅行プランを立てるのに役立つ情報を収集できる良い機会。参加できるイベントやスペシャルギフトがもらえる旅行商品などもあるのでぜひ来場を」と呼び掛ける。

 開催時間は11時~20時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加