天気予報

29

24

みん経トピックス

タイ全土でコンビニ一時休業バンコクに「うどん庵寺」

バンコク南部のリゾートに越冬のカモメ シベリアから飛来

バンコク南部のリゾートに越冬のカモメ シベリアから飛来

見物客の周囲を飛び交う無数のカモメ

写真を拡大 地図を拡大

 バンコク市内から車で約1時間、チャオプラヤー河口の「バンプーリゾート」(サムットプラカーン県)に現在、タイの乾期の到来を告げるカモメが飛来してきており、多くの見物客の目を楽しませている。

 同リゾートの桟橋は約200メートル。周辺のマングローブは干潮時に干潟となるため、小魚や小エビなどの餌を求めて多くのカモメが集まる。桟橋では餌も販売しており、見物客が与える餌を目当てに、今にも触れそうなほどの距離を無数のカモメが飛び交う。

 このカモメは毎年この時期にシベリアから越冬のために飛来。5月頃まで、アジア南東部で過ごす。この間は多くの家族連れやカップルなどが集まる。桟橋の先端には大型のシーフードレストランがあり、連日多くの客でにぎわいを見せる。

 バンプーリゾートの桟橋ゲートの開門時間は5時~20時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング