見る・遊ぶ

サイアムカントリーで野外音楽フェス「ワンダーフルーツ」 12月開催へ

竹や木材で組み上げたステージ

竹や木材で組み上げたステージ

  •  

 バンコクの南東約150キロの場所にあるサイアムカントリークラブで12月13日~16日、恒例の野外音楽フェス「Wonderfruit(ワンダーフルーツ)2018」が開催される。主催は「スクラッチ・ファースト」。

 5回目の開催となる今回は、会場をこれまでより1キロほど移動してより広いスペースを確保。さまざまな変化に富む地形で、今後も持続可能なフェスを理想的な形で開催することに注力するという。

[広告]

 同フェスでは、世界のミュージシャンによるライブやDJプレー、トークショー、ワークショップ、最先端の建築やアートなど、さまざまなメニューを取りそろえる。

 第一弾発表の出演アーティストは、「Goldie & the Ensemble」「Nightmares on Wax」、ニュージーランド出身のプロデューサー「Load Echo」、トゥバの喉歌グループ「Huun_Huur-Tu」、DJ「Carmen Rizzo」、「Sirintip」、「Kweku Collins」、ディスコDJグループ「Horse Meat Disco」、「Seb Wildblood」、「Young Macro」、スウェーデンのデュオ「Gidge」など。

 緑豊かで周囲は木陰を作るココナッツ・プランテーションや熱帯の常緑樹、湖やビーチ、日の出、日の入りも楽しめる会場。コンセプトに沿って、現地で調達した竹材が会場やステージ、建築物、アート・インスタレーション、販売ブースを支える。自然の美しさを守るため、「使い捨てビニール袋ゼロ」も呼び掛ける。

 前売りチケットは、4日間通しパス=5,200バーツ、ウイークエンドパス=4,900バーツ、サンデーパス=3,900バーツ(以上、9月4日まで)。公式サイトで販売している。