学ぶ・知る

被災者救済チャリティー・ミニマラソン-バンコクで開催へ

Emporium & Punky Runners : Run for Japan

Emporium & Punky Runners : Run for Japan

  •  
  •  

 バンコク中心部で3月27日、東日本大震災の被災者救済を目的にしたチャリティーミニ・マラソン「ラン・フォー・ジャパン」が開催される。エンポリアム・ショッピングコンプレックスと、国内外のマラソン大会に参加を続ける10人ほどのマラソン愛好会「パンキー・ランナーズ」による共催。

 バンコク都庁や在タイの日本人ボランティア、元国費留学生による組織「タイ国日本政府奨学金留学生会(JGSA)」らの協力で実施する同レース。参加登録料350バーツ(Tシャツとゼッケン付き)を義援金として集め、被災地に寄付を行う。主催者によると約5,000人のエントリーを見込む。

[広告]

 コースはエンポリアムをスタート後、スクムビット通りを都心部に向かって走り、ソイ13でUターンをしてエンポリアムに戻る全長3キロのコースと、ソイ13でUターンせずにそのまま直進してワイヤレス通りで左折、その後ラマ4世通り、クイーンシリキットセンター前のラチャダピセーク通りを抜け、アソーク交差点で右折してエンポリアムに戻る全長9キロの2コースを設ける。

 3キロコースは1時間、9キロコースは2時間とそれぞれに制限時間を設け、時間内にゴールをしたランナーには記念のメダルを贈呈する。

 パンキー・ランナーズ創始者の女性ジュララック(Julaluck Siamwalla)さんは「普段私たちは健康のため、楽しむために走っている。今回は被災者のお役に立ちたいという思いで皆で一致団結して走りたい」と話す。

 当日の受付時間は5時~5時45分で、エンポリアムパークで受け付ける。参加登録は3月21日~26日まで、エンポリアム1階インフォメーションカウンターで受け付ける。問い合わせは同インフォメーション(TEL 02-269-1334)まで。

  • はてなブックマークに追加