天気予報

30

27

みん経トピックス

バンコクで「バイクフェス」バンコクに棒アイスのカフェ

タイ初の本格「日本料理コース」、デュシタニ・カレッジで開講

  • 0
タイ初の本格「日本料理コース」、デュシタニ・カレッジで開講

Dusit Thani College

写真を拡大

 ホテルの料理人など飲食業で働く人材の育成を行う単科大学「デュシタニ・カレッジ(Dusit Thani College)」(Srinakarin Road, Soi 49)は1月17日、提携する辻調理師専門学校(大阪市)からマスターシェフを講師に迎え、本格的な日本料理を10日間30時間で教えるコースを開講した。

 同大は、タイの高級ホテル「デュシタニ・ホテル」のグループ傘下。これまでにもフランスのコルドン・ブルーと提携し、 フランス料理と菓子を専門に学ぶ学校をバンコク市内に開校するほか、スイスのエコール・オテリエール・ド・ローザンヌと教育連携を結ぶなど、積極的に質の高い専門教育の導入に取り組んできた。

 同コースの開講は近年の日本食人気を背景にしており、学生や一般人を対象に1コース30時間(6万バーツ、調理用具を含む)、基礎的な知識や技法の講義と実習を行う。1クラスは約40人とし、伝統的な汁物、刺し身の切り方、焼き方、蒸し方、すしの作り方など60種類を超えるメニューを通じて指導。タイ語や英語の同時通訳付きで日本語で講義を行う。

 今回の開講期間は5月までだが、同大によると将来、日本料理専門学校の開校も目指しているという。

 アカデミックサービス部担当のコーンカワンさんは「日本人シェフによる講義は学生にとっては貴重な機会。レストランの開業を目指す方や日本料理に興味がある方など、受講者はさまざま」と話す。

 開講時間は火曜~土曜の10時~13時。同コースの開講は5月まで。問い合わせはアカデミック・サービス部(TEL 02-361-7811 内線141)まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング