買う

タイ国日本人会、アソークで「チャリティーバザー」 規模をスケールアップ

多くの来場者でにぎわいを見せる昨年のチャリティーバザーの様子

多くの来場者でにぎわいを見せる昨年のチャリティーバザーの様子

  •  
  •  

 タイ国日本人会による「第48回チャリティーバザー(Japanese Association Charity Bazaar)」が9月28日、BTSアソーク駅前のホテル「ウエスティン・グランデ・スクムビット」7階で開催される。

 日タイ親睦とタイ社会への貢献のため、1972年から続く恒例イベント。今年は会場をスクムビットに移し、出展企業も50ブース以上とスケールアップする。企業から寄付された大型商品のオークションコーナーを新設し、タイのギフトや飲食も楽しめるようにするなど、新しい取り組みも導入する。

[広告]

 有名ホテル、レストラン、ゴルフ場などのクーポンを特別価格で販売するほか、タイ-日本往復航空券が当たる抽選も行う予定。これまでは日本人会会員だけが入場無料としていたが、誰もが無料で入場できるようにするなど、より多くの在タイ日本人や地元タイ人の来場を促す。

 日本人会事務局の担当者は「バザーの収益は全て日本人会チャリティー基金運営委員会で寄付先を十分に検討した上で、タイ社会へ還元する。多くの方に来場いただき、バザーを盛り上げてほしい」と話す。

 開催時間は10時~16時(非会員は11時から入場可能)。オークションは13時開始予定。

  • はてなブックマークに追加