見る・遊ぶ

アジアのレスラー、バンコク集結 プロレス大会「サワディ カップ」

アジアプロレスサミット 第3回サワディ カップ

アジアプロレスサミット 第3回サワディ カップ

  •  

 アジアのプロレスラーが集結する「アジアプロレスサミット 第3回サワディ カップ」が10月23日、バンコクの複合商業施設「ゲートウェイエカマイ(Gateway Ekamai)」M階のイベントスペースで開催される。

 アジア全体に広がるプロレスムーブメントをさらに盛り上げるためのもの。アジアのレスラーを主役として盛り立て、アジアとゆかりのある日本のレスラーは脇役に回る。バンコクがアジアのプロレスの中心地になることを目指す。

[広告]

 みちのくプロレスの新崎人生選手がコミッショナーを務めるサワディ カップ。全試合を通じて最も輝いていた選手に「サワディカップ」を授与する。今大会は日本、タイ、香港、シンガポール、フィリピン、インドの6カ国から26選手が参加。第1回、第2回大会でMVPになった日本の剣舞選手や香港のキングマイケル選手のほか、日本の現役チャンピオンやチャンピオン経験者も参戦する。

 リングアナウンサーはタイ人の日本語教師でコスプレなどでも人気のBeam Sensei、タイで活躍中のお笑い芸人あっぱれコイズミさん。日本を紹介するタイの旅行番組「すごいジャパン」を企画・制作しリポーターとしても出演している俳優、佐野ヒロさんをゲスト解説に迎えて会場を盛り上げる。

 実行委員の吉本昭雄さんは「アジアの国々には地道にプロレスを広めようと頑張っているレスラーがたくさんおり、小さいながら興行を開催したり、近隣国や日本で練習をしたり、それぞれの生活を守りながら切磋琢磨(せっさたくま)を続けている。サワディカップはそんなアジアのレスラーを一堂に集め、個々の技術やプロレスへの思いを確かめ合う大会。アジア全体の文化交流にもつなげたい」と話す。

 試合開始は18時。入場無料。