見る・遊ぶ

デュシットホテルの新ブランド「アサイホテル」 2020年初め、バンコクチャイナタウンに

「アサイホテル・バンコクチャイナタウン」の完成予想イメージ

「アサイホテル・バンコクチャイナタウン」の完成予想イメージ

  •  
  •  

 ホテル、不動産開発事業を手掛ける「デュシット インターナショナル」は2020年初めに、新ホテルブランド「アサイホテル・バンコクチャイナタウン(ASAI HOTEL BANGKOK CHINATOWN)」をヤワラート通りと地下鉄MRTの新駅「ワットマンコン」に至近の立地に開業する。

 同ホテルは、ミレニアル世代の旅行者をターゲットとした手頃な中規模の「ライフスタイルホテルブランド」。「考え抜かれた必需品」「共有エリア」「ローカルからのインスピレーション」「つながるコミュニティー」の4つを柱に設計し、「アサイホテル・バンコクチャイナタウン」には、モダンで中華系タイ文化にインスピレーションを受けたデザインのコンパクトな224室(面積18~22平方メートル)が用意。高品質ベッドや高圧レインシャワーなどを備える。

[広告]

 共有スペースには、快適で効率的なワークスペース、フィットネスセンターを設置。バーではクラフトビールと「クリエーティブな」カクテルを提供する。農場がシーズナルで主導し、バンコクでトラットリア「アッピア」、ナポリピザ店「ペッピーナ」、ソウルフードレストラン「マハナコーン」を手掛けるオーナーシェフのパオロ・ビタレッティさん、経営者のジャレット・リスリーさんとメニューでコラボレーションし、両者がキュレーションしたポップアップレストランも館内に開業する。ホテル敷地内には高級オーガニックガーデンを設け、ホテルのシェフが新鮮なハーブや野菜を使うという。

 同ホテルに続き、フィリピンセブ島の「マクタン」「オスロブ」「IT パーク」に3軒、ミャンマーのヤンゴ ンの歴史的地区「ヤンキンタウンシップ」内に1軒、バンコクの「サトーン地区」に1軒の合計5軒が 2020年半ば以降にオープンする予定。

  • はてなブックマークに追加