レゴブロックによる世界の有名建築作品展、バンコクのSCで開催

「LEGO & Emporium  World  Momentous  Landmarks」の会場

「LEGO & Emporium World Momentous Landmarks」の会場

  •  
  •  

 エンポリアム・ショッピングコンプレックス(Soi Sukhumvit 24)1階ファッションホールで現在、レゴ社製のブロックで作った世界各地の有名建築物の作品展「LEGO & Emporium World Momentous Landmarks」が開催されている。

 1月14日の「子どもの日」に合わせた同イベントは、レゴを通じて子どもの想像力や創造性を育む機会を提供しようと企画。縦=6メートル、横=8メートルのレゴ製世界地図の上に各地のランドマークを展示する。

[広告]

 タイの民主記念塔をはじめ、パリのエッフェル塔、米ホワイトハウス、インドのタージマハル、中国の万里の長城、メキシコのマヤ文明の遺跡「チチェン・イッツァ」、ロンドンのタワーブリッジ、シドニーのオペラハウスなど。作品数は100以上を数え、全てレゴ・コンテストの出場経験を持つタイ人8人が50万個以上のレゴブロックを使って制作したという。

 期間中、毎日13時から3回、1回30分のワークショップも開催。ブロックの遊び方、組み立てのコツなどを毎回10人限定でレクチャーするほか、レゴ製品を特別価格で販売するプロモーションも実施している。

 同店広報担当のピヤワットさんは「レゴブロックを使って遊べるスペースも終日開放している。ぜひ親子で楽しんでほしい」と話す。

 開催時間は10時~22時。入場無料。1月15日まで。

  • はてなブックマークに追加