天気予報

31

26

みん経トピックス

2年ぶりにシラチャ日本祭り

バンコクで「ラムウォン盆踊り大会」 日タイ修好130周年記念

バンコクで「ラムウォン盆踊り大会」 日タイ修好130周年記念

2014年の会場の様子

写真を拡大 地図を拡大

 マーブンクロンセンター隣のテップハサディン国立競技場(BTSナショナルスタジアム駅前)で12月16日、タイ国日本人会主催の「ラムウォン盆踊り大会」が開催される。

 回を重ねること12回。タイ社会との文化交流を目指し、タイ庶民の踊りであるラムウォン(輪踊り)と日本の盆踊りをタイ人と日本人が一緒になって楽しむイベントとして1987年から開催。1993年以降は2年に1度を基本に続けてきた。今年は、日本とタイが国交を結んでから130年目に当たる節目の年として、「日タイ修好130周年」を記念するクロージングイベントに位置付ける。

 特別企画として「琉球舞団昇龍祭太鼓」、日本人会の「日舞・民舞・よさこい同好会」、よしもとエンタティメント(タイランド)所属のアイドルグループ「SWEAT16!」によるパフォーマンスを予定。日本からは、岩手県より「盛岡さんさ踊り」、徳島県より阿波踊りプロの「娯茶平」連も参加する。

 タイ側からはタイ国政府観光庁より招聘(しょうへい)されたタイ国立舞踊学校カラシン校がタイ東北地方の伝統舞踊を披露する予定で、日タイ演舞競演によりイベントを盛り上げていく。今回は、屋台を大幅に増やし約60の飲食・展示ブースが並ぶ。

 開催時間は16時~21時。入場チケットは60バーツで、同会(本館・別館)で販売中。当日、会場でも販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング