バンコクで「日本留学&日系企業就職フェア」-2日で6千人来場へ

タイの現役大学生による公開セミナー

タイの現役大学生による公開セミナー

  •  
  •  

 クイーンシリキット・国立コンベンションセンター(Rachadapisek Road)ボールルームで8月30日・31日、日本への留学や就職希望のタイの学生を支援する「Japan Education & Career Fair 2008」が開催されている。

 同フェアは日本語学校、日本留学センター、留学卒業生の就職支援などを行なっているライトハウス・インフォサービス(287 Silom Road TEL 02-267-7726)が主催するイベントで、毎年2月初旬と9月初旬に開催している。

[広告]

 今回は、日本の大学や専門学校など、タイ人学生の受け入れ態勢がある教育機関約20校と、日本への留学経験者を求める在タイ日系企業が多数ブースを出展。タイの大学からも日本語学科生による和菓子や雑貨の販売ブースが並び、ステージではセミナーやカラオケ大会なども行なわれている。

 ラチャモンコン大学の日本語学科生ウドムシィーさんは「日本好きの両親の影響で日本語を学ぶようになった。大阪弁に興味がある。『好きやねん』という言葉が好き。もちろん日系企業に就職したい」という。和菓子を販売していたシラパコーン大学の学生は「日本のアニメが好き。特にドラえもんが好き」と日本語で話す。「就職してお金を貯めたら、いつか日本に行ってみたい」とも。

 同種のイベントとしては国内最大級という同フェア。主催者は2日間で6,000人の来場を見込む。開催時間は10時~18時。入場無料。

  • はてなブックマークに追加