長崎ちゃんぽんの「リンガーハット」、タイ進出-4月上旬に1号店

主力商品の「長崎ちゃんぽん」。

主力商品の「長崎ちゃんぽん」。

  •  

 長崎ちゃんぽんのリンガーハット(本社=福岡市博多区)は1月12日、バンコクに建設中の複合商業施設「K-Village」(Soi Sukhumvit 26)に今年4月上旬、タイ1号店をオープンすると発表した。

 同社は冷凍食品の加工と輸出を行うスラポンフーズの子会社「Punpin」(本社=バンコク市)と新合弁会社「チャンピオン・フーズ」(本社=バンコク市)を設立、タイ国内における「長崎ちゃんぽんリンガーハット」の出店と運営を行う。資本金は5,000万バーツ(約1億3,900万円)で、出資比率はリンガーハット=39%、Punpin=51%、そのほか=10%。

[広告]

 リンガーハット・グループではタイを中国、シンガポールなど東アジアの拠点と捉え、20店舗の出店を計画。今後10年間で同グループが展開する「長崎ちゃんぽんリンガーハット」「とんかつ浜勝」の2ブランドをアジアを中心に海外に170店舗(売り上げ目標110億円)規模の出店を目指すとしている。