バンコクで「ペット・エキスポ」開催迫る-珍しい動物10種以上展示

人に飼いならされている「フトアゴヒゲトカゲ」

人に飼いならされている「フトアゴヒゲトカゲ」

  •  

 バンコク北部の複合商業施設「フューチャーパーク」(Rangsit)のアライブ・パーク・ホールで3月1日~4日、ペットとして飼育可能な珍しい動物を集めたイベント「ペット・エキスポ(Pet Expo Got Talent 2012)」が開催される。

 展示するのは動物愛好家の間では人気があるものの、一般にはまだ珍しいユニークな動物10種類以上。「多様な動物がペットになることを広く知ってほしい」(同店広報担当のパッタラさん)と同展企画に至った。

[広告]

 会場には、品種改良を重ね美しい体色を持つ「フトアゴヒゲトカゲ(Bearded Dragon)」、10センチほどのずんぐりした体形の「イエアメガエル」、コアラやカンガルーと同じ有袋類の「フクロモモンガ」、ヒョウ柄のヤモリの「ヒョウモントカゲモドキ」、弾力性のある偏平な甲羅が特徴の「パンケーキガメ」などを展示。日本でも一時ブームになった「ウーパールーパー」も紹介する。

 このほか、子どももウサギに触れることができる「ラビットランド」や、ペットの無料健康診断ゾーン、ペットと記念撮影ができるスタジオゾーンを設ける。大手動物病院による「犬&猫のスーパーモデルのファッションショー」の開催も予定。

 開催時間は10時30分~23時30分。入場無料。