天気予報

29

24

みん経トピックス

タイにシベリアからカモメタイで冷やして食べる甘酒

バンコクにうどん屋新店「うどん庵寺」 グループ4店舗目

バンコクにうどん屋新店「うどん庵寺」 グループ4店舗目

「うどん庵寺」のエントランス

写真を拡大 地図を拡大

 バンコクのフジスーパー2号店(ソイ・スクムビット39)2階に11月1日、うどんと珍むす(珍味おむすび)の専門店「うどん庵寺」(TEL 099-163-0202)がオープンした。

 エカマイやラマ9世通りなど3店の和食レストランを展開する「庵寺」が運営。約23平方メートルの店内にはカウンター席12席を設け、内装は落ち着きのある和風に仕上げた。同店は本店「庵寺」のアンテナショップとしての位置付けで、幅広いメニューをそろえている本店の利用を促すことも狙う。

 メニューは「エビ天うどん」(160バーツ)、本店の庵寺でも人気の「カレーうどん」「肉うどん」(各180バーツ)などうどんがメインで、讃岐うどんを使用。関西風のだしにユズの香りを利かせるなど、一手間を加えるこだわりを見せる。今後、稲庭うどんのメニューも増やす予定。

 「珍むす」は新潟産のコシヒカリと高級のりを使用。具は「イクラ」「フォアグラ」「カニみそ」「うなぎ」(以上80バーツ)、「タコわさび」「ホタテチャンジャ」「いか塩辛」(以上60バーツ)、「ネギ塩」「スパム」「食べるラー油」(以上40バーツ)など29種類の珍味から選べる。

 このほか「えび天丼」(180バーツ)、「サーモンイクラ丼」(320バーツ)、「本マグロ丼」(380バーツ)、「漬け卵黄丼」(120バーツ)などの丼メニュー13種類も用意。米だけでなく素材にこだわる。

 山本店長は「吟味した素材のメニューをそろえた。価格を抑えたので価格も味も満足いただけるはず」と自信を見せる。「本店で発行している会員カードを使えば10%引きになるので、両店ともに利用してほしい」とアピールする。

 営業時間は11時30分~22時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

アクセスランキング